ライオンパワー株式会社

事業紹介:私たちライオンパワーは「技術を楽しむメーカー」として人々の暮らしを豊かにしていきます。

卓上型遠心塗抹装置とまつくん

医療機器製造販売届出番号:17B1X10002LP0001

卓上型遠心塗抹装置「とまつくん」卓上型遠心塗抹装置「とまつくん」

「とまつくん」は、病院や検査機関などで使用する血液塗抹標本を遠心法で作成する卓上装置です。

臨床検査技師によって採取された血液を滴下し、スタートボタンを押すだけで、簡単に標本作成が可能。回転数4,700rpm、回転時間は0.1~9.9秒まで設定でき、特別な技術を必要としません。
少量の血液を滴下するだけで、簡単に・美しい均一な塗抹標本を作成することができます。


均一な塗抹

よくある自動検査ラインでは、“ウェッジ法”と呼ばれる方法で塗抹標本が作成されています。
ウェッジ法とは、2枚のスライドガラスを合わせ、こすり合わせることによって血液を伸ばし広げる方法ですが、こすり合わせるときに細胞を破壊してしまうおそれがあり、均一な塗抹標本を作成しにくい手法です。

一方、“遠心法(スピナー法)”は、スライドガラスに血液を滴下した後に遠心力を利用して血液を広げる方法。細胞を破壊することなく均一な塗抹標本を作成できる手法です。
遠心塗抹装置「とまつくん」はこの遠心法(スピナー法)を採用した装置。「とまつくん」は精度にこだわる技師にとってなくてはならない装置の一つなのです。


安全性

臨床検査の現場では非常に高いバイオハザード要求が存在し、異常検体に特化して使用される遠心塗抹装置「とまつくん」では“感染防止”が重要な課題の一つ。使用においては「フタの開閉時」「スライドの取り出し時」そして「洗浄時」が、感染リスクの高い工程として挙げられました。

ユニット一式は取り外して丸洗いできます。ユニット一式は取り外して丸洗いできます。

このうち、「フタの開閉時」については、開閉するフタに飛散した血液が付着している可能性もあるため、自動での開閉を採用し、フタに触れなくても標本を取り出せるようにしました。

「スライドガラスの取りだし時」については、ピンセットにてガラスプレートを取り出しやすくするため、ガラスと固定台の間にピンセットなどの差し込むスペースを設けました。

そして、最も感染リスクの高い「洗浄方法」については、フタ上部のボタンを押すだけでユニット一式を取り外せるようにして、そのまま丸洗いできるようにしました。

遠心塗抹装置「とまつくん」は、これら使用者目線の二重三重の安全性の追求が喜ばれ、選ばれる理由の一つともなっています。


操作性

ボタン一つで簡単・安全に塗抹標本を作成できます。ボタン一つで簡単・安全に塗抹標本を作成できます。

電源投入後に自動でフタが開きガラスプレートをセットできる状態に。セットしたガラスプレートに血液を滴下しスタートボタンを押すだけで、フタが自動で閉まり回転して塗抹標本を作成します。

ボタン1つで感染のリスク無く均一の塗抹標本が作成出来るため、誰でも安全・確実に操作が可能。
回転時間もダイヤル式で簡単に設定でき、ガラスプレートの停止位置も毎回同じとすることで、取り扱いミスも起きにくくしています。


フットスイッチ(オプション)

フットスイッチ

両手が塞がっている状態でもスタートが可能なように、フットスイッチをオプションでセットできます。とまつくん本体に接続するだけでフットスイッチを使うことができます。


カラー(オプション)

遠心塗布抹装置「とまつくん」

「とまつくん」基本色の白色以外も対応可能。お好みに合わせてご指定いただけます。

バイオハザードなど、検査対象によって機種を使い分ける施設様にも対応できるよう、4~5種類のカラーを用意しています。「この検査にはこの色~」というように、色での識別に使うことも可能です。


卓上型遠心塗抹装置「とまつくん」:仕様
外形サイズ
:200(W)×251(H)×403(D)mm ※H寸法はふたを閉じた状態です。
重量
:12kg
電源電圧
:100~300VA 50-60Hz
動作環境
:15~32℃ 30~85%RH
テーブル回転速度
:0.1~9.9秒
オプション品
:フットスイッチ、本体ボディ色の変更

*機械の改良にともない、お断りなく仕様などを変更させていただくことがあります。

CE適合宣言書CE適合宣言書
Page Top